台湾速報

台湾人の反応を紹介していきます

    韓国で日本製品の不買運動が始まってから1か月。依然として拡散を続け、沈静化する気配はない。

     生活の隅々にまで日本製品が入り込み、日韓企業の協業も深く、多様で、「いったいどこまでが不買運動の対象なのか?」という声も出ている。

     2019年8月1日朝、ソウル市内の地下鉄に乗ってふと顔を上げて驚いた。すべての車両のドアに「ボイコット ジャパン」というステッカーが貼ってあるのだ。

    「行きません 買いません」とあり、「これは始まりに過ぎない」とも書いてある。D-uS5TaXsAEJPf5

    JBpress

    【台湾人「韓国は幼稚だ」日本製品不買運動1か月、さらに拡散】の続きを読む

    香港で抗議活動が続く中、隣接する中国広東省深※センの競技場に軍の指揮下にある武装警察の部隊が集結している映像を、外国メディアが伝えました。中国政府としては、一部で過激化する抗議活動をけん制するねらいがあると見られます。

    フランスのAFP通信は15日、香港に隣接する中国広東省深※センの競技場に、人民解放軍の指揮下にある武装警察の部隊が集結している様子を捉えた映像を配信しました。

    映像は、競技場の内部や周辺を物陰などから撮影したものと見られ、隊員らが訓練を行う様子のほか、大量の装甲車やトラックも確認できます。

    また、競技場周辺を部隊の隊員が行き来するなど、ものものしい雰囲気となっています。

    一方、アメリカの民間企業も今月12日に撮影した衛星写真を公開し、競技場内に大量の車両が駐車しています。

    中国側にあるこの競技場から香港までは、およそ10キロしか離れていないとみられます。

    中国共産党系のメディア「環球時報」の英語版は今月12日、武装警察が大規模な訓練のため深※センに集結していると伝えていました。

    香港では、今月18日にも再び大規模なデモが呼びかけられるなど抗議活動が収束する見通しは立っていません。

    こうした中、中国政府としては、隣接する深※センに治安維持を担う武装警察を集結させ、介入を示唆することで、一部で過激化する抗議活動をけん制するねらいがあると見られます。
    K10012036891_1908151855_1908151858_01_02

    NHK
    【【台湾の反応】中国の武装警察部隊 香港近くに集結 抗議活動けん制か】の続きを読む

    “台湾総統府に無料で1泊” 外国人観光客増ねらい希望者募集

    台湾の観光局などは、外国人観光客を対象に「台湾総統府」に無料で1泊できる企画を打ち出し、宿泊を希望する人の募集を始めました。中国政府が、今月から台湾への個人旅行を一時的に停止する中、外国人観光客の増加につなげたいとしています。

    台湾の観光局などは、外国人の観光客を対象に、蔡英文総統が執務に当たる台湾総統府に無料で1泊できる企画を打ち出し、12日から宿泊を希望する人の募集を始めました。

    希望者は自己紹介の動画などを今月末までに提出することになっていて、この中から選ばれた20人が10月以降、宿泊できる予定です。

    蔡総統は12日、みずから総統府内を案内する動画をツイッターに投稿し、「私のゲストとして総統府に1泊してはいかがですか」と英語で呼びかけました。

    中国政府は、今月から中国大陸から台湾への個人旅行を一時的に停止していて、独立志向が強いとして中国政府が批判する蔡政権に、経済面で圧力をかけるねらいがあるとみられています。

    台湾を訪れる海外からの観光客のうち、国別で最も多いのは中国大陸からとなっていて、観光業への打撃が懸念されています。

    台湾当局は「観光客は民主的で自由、そして開かれた台湾という印象を受けるだろう」として、外国人観光客の増加につなげたいとしています。K10012035051_1908141745_1908141748_01_03

    NHK
    【台湾の総統府に無料で泊まれるイベントが開催】の続きを読む

    このページのトップヘ